岩手県弦楽研究会

弦楽器の指導法研究、公開レッスン、演奏会などの最新の活動報告、これからの予定などをレポートします。

 HOME > 活動レポート

岩手県弦楽研究会NEWS2019
雪の少ない、でも寒さ厳しい冬も過ぎ春の訪れとともに岩手県弦楽研究会主催の
「スプリングハーモニー2019」の演奏会が4月29日(月・祝)午後2時より
盛岡市民文化ホール大ホールで開催されます。

 
幼稚園児から大学生による岩手で初めてのジュニアオーケストラ。
指揮者に岩手の滝沢三郎氏、前仙台フィルハーモニー常任指揮者の梅田俊明氏、13年目となる新田ユリ氏をお迎えし4半世紀を経て、今年のメインプログラムはドヴォルジャークの名曲にとりくんでいます。
 
又、今年も葛巻町のこども園、年長児でヴァイオリンレッスンをしたこどもたちも参加します。短い期間のヴァイオリンレッスンですが皆楽しんで、溌溂と弾いています!
 
良き指導者のもと、着実に音楽性、表現力をつけ成長してきた熱意溢れる演奏をどうぞお聴きください。
そして「スプリングハーモニージュニアオーケストラ」の応援もおねがいします
 

 

~プログラム~
 
キラキラ星変奏曲 春の小川 (岡野貞一) ブーレ (バッハ)
踊る猫 (アンダーソン)弦楽合奏版
合奏協奏曲 (ヴィヴァルディ)  ソロVn  1st 大森響生  2nd 高橋悠弥
                              
弦楽セレナーデ 第1・2・5楽章 (ドヴォルジャーク)
ジャズレガート・タイプライター (アンダーソン)
交響曲第8番ト長調Op.88より 第4楽章 (ドヴォルジャーク)
 


                           
~新田ユリ プロフィール~
 
 国立音楽大学卒業後桐朋学園大学ディプロマコース指揮科に進む。指揮を尾崎忠明、小澤征爾、秋山和慶、小松一彦氏に師事。1990年第40回ブザンソン国際青年指揮者コンクールファイナリスト。1991年東京国際コンクール指揮部門第2位。1991年に東京交響楽団を指揮してデビュー。その後も国内主要オーケストラへ客演。東京佼成ウィンドオーケストラ、大阪市音楽団と共演、録音、またシエナ・ウィンド・オーケストラ、東京吹奏楽団にも客演。オペラでは、横浜シティオペラ、大田区民オペラ協議会で モーツァルトの5大オペラ「夕鶴」などを指揮。
2000年10月~2001年10月、文化庁芸術家在外研修員としてフィンランドに派遣され、音楽監督オスモ・ヴァンスカ氏のもとラハティ交響楽団で研修。フィンランド国立歌劇場とサヴァンリンナ音楽祭においても、オスモ・ヴァンスカ氏のアシストを務める。これまでにクオピオ交響楽団、ミッケリ市管弦楽団、ヨエンスー市管弦楽曲、フィンランド海軍吹奏楽団、フィンランド国防軍吹奏楽団、ラ・テンペスタ、クリスチャンサン交響楽団等等などフィンランドはじめ北欧諸国へ客演を続けている。
2005年~2007年オウルンサロ音楽祭へ招聘、2006年、2013年リエクサ・ブラスウィーク客演。2005年9月にフィンランド日本友好協会よりラムステッド基金奨学金を授与される。
2017年10月には南デンマークフィルハーモニーに客演。日本デンマーク修交150年記念定期公演においてオールデンマークプログラムを指揮。
2006年、2007年には東京新聞フォーラム「指揮者がみたフィンランド」にて講演と演奏のプロデュース・指揮を務めた。2007年4月より2009年3月まで中日新聞「エンタ目」に月1度コラムを執筆。
2008年6月、2010年7月にNHK「名探偵アマデウス」に出演。シベリウスの「フィンランディア」「交響曲第2番」を特集した番組の解説を務める。
日本シベリウス協会会長。国立音楽大学、桐朋学園大学」、相愛大学などで後進の指導にあたっている。
2015年1月より、一般社団法人愛知室内オーケストラ常任指揮者。
 
 
~トレーナー紹介~
 
*佐々木駿 オーケストラトレーナー
岩手県盛岡市出身。
国立音楽大学付属高校を卒業後、オーケストリアのリンツ州アントン・ブルックナー音楽大学に進学。ウィーンフィル、ミュンヘンフィル奏者との共演、リンツブルックナー管弦楽団の定期公演に参加。2011年に初のソロリサイタルで好評を博す。その後も著名な演奏家との共演、ソロ演奏を行いいずれも好評を履くしている。
トランペットをベント・ベア、北村元三郎氏に師事
平成音楽大学講師、岩手県警察音楽隊講師、パシフィック・ブラス・オルケスタ音楽監督、いわてトランペットソサイエティ音楽監督、オーストリアの楽器メーカーSchagerl社のブランドアンバサダー。
 
*長田桜咲(ながたさき) 管トレーナー
盛岡市出身。9歳よりトランペットを始める。2017年3月、平成音楽大学を卒業。同卒業演奏会に出演。第16回九州音楽コンクール管打楽器部門大学生クラス最優秀賞受賞。これまでにトランペットを佐々木駿、杉木峯夫、八馬俊也、柴田裕二の各師に師事。現在、ヤマハ音楽教室システム講師。
 
*宮崎航大 木管トレーナー
岩手県出身。12歳よりファゴットを始め、国立音楽大学附属高等学校を卒業後、ウィーンにて8ヶ月間M.ヴェルバ氏(元ウィーン・フィル首席)の元でファゴットを学ぶ。2019年9月よりウィーン私立音楽芸術大学に入学予定。ファゴットを馬込勇、M.ヴェルバの各氏に師事。


2018年の活動レポート

*2018年11月11日、盛岡市民文化ホール開館20周年記念「スペシャル・ガラ・コンサート」で仙台フィルとフィンランディアを共演しました。このガラコンサートは出演された方も聴衆の皆様も一体となり、とても感動する舞台でした!
 


 
*2019年4月29日(月・祝日)盛岡市民文化ホール大ホールにおいて第48回盛岡芸術祭 弦楽部門コンサート開催 

演奏参加者を募集

第48回盛岡芸術祭参加スプリングハーモニージュニアオーケストラの演奏会『スプリングハーモニー2019』が開催されます。指揮は新田ユリ氏です。
只今弦楽器、管楽器、打楽器の出演者を募集しております。
詳しい要項は風のハーモニーページをご覧ください。
新田ユリ氏の指揮のもと皆で弦合奏、オーケストラの演奏をしませんか!
 
風のハーモニーページの要項PDFをダウンロードの上、FAX・メールにてご連絡ください。


2018年 第71回岩手芸術祭 弦楽部門

「ソロと室内楽の調べ」が開催されました

10月14日(日)岩手県民会館中ホール午後2時開演
  
(リハーサルスナップを風のハーモニーページに掲載しました)
 
 

「ソロと室内楽の調べ」本番
1部は生徒によるヴァイオリンのソロ演奏で 日ごろの練習の成果を堂々と披露しました。
2部は新人の演奏、工藤 崇氏のプロコフィエフのヴァイオリンソナタ聴きごたえのある演奏を披露してくれ、これからの成長が楽しみです!
3部は会員と大学生、市内で活躍している弦楽奏者による弦楽合奏です
仙台在住の畠山渉氏の指揮によるモーツアルト作曲ディベルティメント138、スークの代表作ともいえる弦楽セレナードを演奏しました。美しくも変化にとんだスークのセレナードは又プログラムに取り上げたい1曲となりました!
 

 

 
畠山渉氏は気仙沼市出身で宮城教育大学芸術文化専攻を卒業された後、桐朋学園で学ばれ、アジア、ヨーロッパで行われた国際指揮マスタークラスを受講し、2016年から2018年にはスイスのキュンストラーハウス・ボズヴィルでの国際指揮マスタークラスで最優秀受講生となるなど、将来が期待される若手の指揮者です。
エネルギー溢れる若々しいソロ演奏、モーツァルトの瑞々しい響き、そしてスークの音楽をお楽しみ頂きたいと思います。
 

⚫️🔵
演奏会に先立ち10月7日(日)10:00~10:30、県民会館大ホールロビーにおいて県芸術文化協会主催の芸術体験イベントに参加しました。
 
 
 

スプリングハーモニー2018ジュニアオーケストラが開催されました。

 

平成30年4月29日スプリングハーモニー2018ジュニアオーケストラ本番です。

 
第一部は
今年も葛巻保育園年長児でヴァイオリンをレッスンしたこども達が新1年生となり最初の曲、「ちゅうりっぷ」で参加しました。そしてこのステージ最後の「猫ふんじゃった」を楽しく演奏し、弦合奏へと進みました。
 
弦合奏は立奏でヴィヴァルディ「2つのヴァイオリンのための協奏曲、OP3より第5番」とアンダーソンの「キャロル組曲」です。新田先生の指揮で生き生きとそれぞれの曲の表現を十分に発揮して演奏を披露する事ができました。
 

 
 
 



第2部はオーケストラです。
スプリングハーモニージュニアオーケストラでは弦合奏は小学4年生より、オーケストラ演奏は小学6年生より参加します。とはいえ、練習に取り組む時はまだ小学3年生と5年生です。
1部の合奏では合わせる楽しさを、弦合奏で集中して音を聴き会うことを学び、オーケストラで色々な楽器の音を聴いて、皆で音楽を演奏する喜びを感じとっています。
 
オーケストラの最初の曲は アンダーソンの「Jazzピチカート」「シンコぺーティドクロック」です。ジャズの弦楽器はピチカートでノリノリで、「シンコぺーティドクロック」も楽しく。
2曲目 チャイコフスキー作曲の白鳥の湖より、「情景」「ワルツ」「ハンガリーの踊り」
バレー組曲「情景」ではたっぷり歌い、踊りも優雅に、楽しく演奏しました。そして最後の曲、ボロディンの「ダッタン人の踊り」は新田先生の指揮に集中して全員、練習の成果を発揮することが出来ました
「情景」、「ダッタン人の踊り」では、宮古にお住いの宣教師でハーピストのキャサリン・ポーターさんが素敵なハープを奏でてくださいました。
 

 
 
 
 

 今年も新田先生の指揮、指導のおかげで充実した演奏ができました。先生がいらっしゃるまでの間のトレーナーの先生方の懸命なご指導、そしてジュニアの管でお手伝い頂いた県民オーケストラや一般の方々、ありがとうございました!!
 当日舞台の裏方のお手伝いくださった方々、ありがとうございました!!
 
 来年も頑張りますので応援よろしくお願いいたします!また、弦合奏、オーケストラで演奏してみたい、と思う方は弦楽研究会までご連絡ください。


2018年これまでの活動


6月1日(金曜日)
盛岡市立繋小中学校において弦楽合奏の演奏をしました。

 
生徒の皆様や先生、保護者の方々45名程が熱心に聴いてくださり、演奏の間で行った弦楽器の体験等で交流を図リ、楽しい時間を共有することができまた。
 


 

9月10日 一関市立舞川小学校で行われた
「ふれあいコンサート」で弦合奏を披露しました

 
生徒の皆様、ご家族の皆様、先生方がモーツァルトやアンダーソンの曲、楽しい小曲集などをとても熱心に聴いて下さいました。
 



2017年の活動レポート

2017年10月27日(金曜日)
八幡平市立柏台小学校弦楽鑑賞会

 


 

 
 
 
紅葉の美しい八幡平市立柏台小学校に弦楽合奏の演奏にいきました。
全校生徒50名未満の小学校にご父兄の方々も聴きにいらして下さいました。
校長先生のお話に続き、副校長先生から曲の紹介をして頂き生徒の皆さんも興味深々です。私達もとても気持ちよく演奏ができました。
2曲演奏を披露した後、分数ヴァイオリンを持参していったので全校生徒の皆さんで弦楽器の体験です。初めてとは思えない柔軟さでとてもきれいに音を出すのには驚きました!
後半はよく知られている曲で、最後は弦合奏の伴奏で校歌を元気に歌い、和やかな、楽しいひと時を皆さんと共に過ごすことができました。


 
10月8日(日)ソロと室内楽の調べ
岩手芸術祭弦楽部門の演奏会が、指揮者牛渡克之氏で開催されました。

 
 

当日演奏された皆さんと会員

 

 

合奏協奏曲 クリスマスコンチェルト OP.6 №8
ソロ Vn 1st畠山亜希子 2nd米倉久美 Vc 塙伸比古

弦楽のためのセレナード OP.20

 

 
 
 
 
 今回の1部は弦楽の会員の生徒によるソロ演奏、2部は現在音楽大学で勉強されている新人の紹介、3部は岩手大学教育学部准教授の牛渡克之氏の指揮でコレルリのクリスマスコンチェルト、エルガーの弦楽セレナーデを演奏します。これからを担う子供たちの演奏に弦合奏の響き、多くの方に足を運んでいただき、お楽しみいただけることを願ってています。
 それに先駆けて10:00サより体験イベントと称し県民会館ロビーでロビーコンサートを行います。その後、ヴァイオリンを実際に弾いてみませんか。サイズに合ったヴァイオリンを用意してお待ちしております。
 お問い合せは019-651-4631まで!
 



 

8月6日 宮古で開催された第52回「音楽の夕べ」本番です。

 
 前日5日は終日宮古、東京の合奏団、宮古の合唱団と共にリハーサルをおこないました。
当日はリハーサルの成果を十分に発揮し演奏を披露することが出来、沢山の方に喜んで頂け、とても嬉しく思いました。ハープのコンチェルトもすてきでした!
 梅村先生、有難うございました。そしてお疲れ様でした。
 宮古市に根付いているこの演奏会の更なる発展を願っています。
 
 
 


 スプリングハーモニー

 
 毎年春に盛岡市芸術協会主催の芸術祭で「スプリングハーモニー」と題しスプリングハーモニジュニアオーケストラの演奏を披露しています。
 2002年から梅田敏明氏を2007年からは新田ユリ氏を指揮者にお願いしこども達のレベルも年々向上してきました。
2016年はウィーン・フィル&サントリー音楽復興賞を頂き、5月1日に盛岡市民ホール大ホールで開催され、(チラシ参照)サントリー財団、及び盛岡市長からお祝いのお言葉を頂きました。
 
 このジュニアオーケストラは楽器を始めたばかりの幼児の頃から大学生まで学年、レベルに合わせてグループを編成し、各々に適した曲目を選んで演奏しています。また管楽器、打楽器にもトレーナーの先生の指導を受け練習に励んでいます。昨年演奏したヘンデルの合奏協奏曲のヴァイオリンのソロ、チャイコフスキーのくるみ割り人形の合唱の編曲にはこのジュニアオーケストラのOB,OGが努めました。当ジュニアオーケストラから優秀な人材が育つのは嬉しいかぎりです。
 
 「スプリングハーモニー2017」も昨年に劣らず良い演奏を目指し練習に取り組んでいるところです。日にち、会場、プログラムは下記のとおりです。ぜひ沢山の方々に聴いて頂き今後につなげていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

2017スプリングハーモニー演奏会

 
2017年4月29日 盛岡市民ホール大ホール 14:00開演
 
プログラム
指揮者/新田ユリ氏
曲目 
・幼児
 キラキラ星変奏曲
 ロングロングアゴー変奏曲
・幼児及び小4年生以上
 おもちゃのシンフォニー/モーツアルト
・小4年生以上
 調和の霊感より第3曲 G Dur/ヴィヴァルディ
 3つのピエ・カンツィオーネス(1582作曲)/アハティ・ソンニネン編曲     
・小6年生以上
 ブルータンゴ/アンダーソン
 馬と幌馬車/   〃  
 フィドルファドル/ 〃   
 フローレンティナ行進曲/フチーク
 「わが祖国」よりモルダウ/スメタナ
 

スプリングハーモニ演奏会2017ポスター

 


2016年の活動をレポート

 
スプリングハーモニ演奏会2016ポスター
 
スプリングハーモニ演奏会弦楽合奏1
 
スプリングハーモニ演奏会弦楽合奏2

 
スプリングハーモニ演奏会弦楽合奏3

ウィーン・フィル&サントリー音楽復興賞を受賞

ウィーン・フィル&サントリー音楽復興賞を受賞

 
 
 
2016年はウィーン・フィル&サントリー音楽復興賞を頂き、5月1日に盛岡市民ホール大ホールで開催されました。
会場の皆様にも喜びをお知らせしたく、2部の初めに授賞式のセレモニーを行いました。サントリー財団からは浜岡智氏、佐々木亮氏の出席を頂き、濱岡氏より心に響くお言葉を頂戴しました。また盛岡市長からもお祝いと激励のお言葉を頂きました。この演奏会の数日前に熊本で震災がありました。慰霊と復興を祈念し急遽バッハのアリアを演奏し募金を募りました。
 


岩手県弦楽研究会・ソロと室内楽の調べ

 毎年秋に開催される岩手芸術祭、弦楽部門での演奏会では県内出身の新人・会員及び県内で弦楽器を学んでいる生徒のソロ演奏、会員を中心とした弦楽合奏の演奏を披露しています。
 昨年度は生徒達のソロ演奏と岩手大学准教授の牛渡克之氏の指揮でヘンデル作曲、「合奏協奏曲op6-12」メンデルスゾーン作曲、「弦楽オーケストラのためのシンフォニーNo.2」の弦楽合奏曲を披露しました。生徒達の熱気あふれるフレッシュな演奏と息の合った弦楽合奏の演奏は聴衆の皆様にも喜んで頂けました。
 今年は10月8日岩手県民会館中ホールで開催されます。
今年も聴衆の皆様に喜んでいただけるようなプログラムをお届けしたいと会員一同考えています。どうぞご期待ください。

第69回岩手芸術祭・弦楽部門ポスター
岩手芸術祭・弦楽部門演奏f風景1

 
 
岩手芸術祭・弦楽部門演奏f風景2

その他の活動

 
 
 
・葛巻町保育園児ヴァイオリン教室は2017年5月25日よりスタートしました。
今年は総勢26名です。皆、年長クラスになるのを楽しみにしていました。
10月の連合音楽会を目指しヴァイオリンの持ち方、ボーイングからの練習です。張り切って1時間半のレッスンをがんばっています。
今年の曲は“ちゅうりっぷ”?“きらきら星”? それとも2曲になるでしょうか?
来年4月にはスプリングハーモニーのジュニアと一緒に「スプリングハーモニー2018」でも演奏します。
 
 


 
 
・昨年12月10日(土)第69回岩手芸術祭移動舞台公演 弦楽コンサート
(チラシ参照)が一戸町で開催されました。クリスマスのシーズンということもあり
~クリスマスに贈る名曲の調べ~と題し、モーツアルトやクリスマスメドレー等を演奏しました。来場者から「生演奏に感動しました」「美しい旋律に心があらわれました」「弦楽器の心地よい音色に接し感銘を受けました」などの感想が寄せられました。一戸町のスタッフの方々のご苦労に感謝するとともに、これからもよい演奏が届けられる様精進していこうと思います。

岩手県芸術祭・弦楽コンサートポスター
岩手県芸術祭・弦楽コンサートのようす

 
 
・今年も宮古市で音楽教室を主宰している梅村圭一氏の演奏会「宮古ジュニア弦楽合奏団&宮古弦楽合奏団第52回『音楽の夕べ』」に弦楽研究会も参加します。梅村圭一氏は“宮古で交響曲を演奏する会”の代表でもあります。沢山の方が聴きにいらしてくださいますように。

復興支援コンサート〜共に生きる〜ポスター
第51回音楽の夕べポスター

 
QRコード

QRコードでスマホからHPにアクセスします

 
 

岩手県弦楽研究会連絡先:TEL 019-651-4631